住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

ゲーム感覚で仕事を楽しむ、ご案内3/12

住いの困り事・修理の解決やリフォーム・(望み事の実現)

に絞り関り範囲を具体的にしたイメージの全体画像です。

 

各パートの12コマでパート分野を順に説明しています。

どうやって仕事を取るか?選ぶか?などは

告知やチラシ広告配りを簡単に示しました。

 

今度は雑務的な仕事として頻繁に関わる事の多い片付けなどです。

他者に依頼しなくても自分で出来る事も含めてですが

その時の事情や条件によっては他者に依頼せざるを得ないや
自分で、やれない事はなくとも、他者に頼みたいなど色々な事で
依頼案件として、しばしば起こります。

 

近年には当たり前になった介護保険を利用した制度による
片付け業務なども有りますが、適用内と適用外などに分かれています。


ついでに、この程度は応じてくれても良さそうと思う事でも
「決まりによって残念ながら出来ないのです。ゴメンネ。」
などと、やんわり断られる事があり仕方ない事も有ります。

 

そんな時に後で話を御聞きするのが(別にお金を払うけどダメ?)
などのナイショの交渉例ですが・・人によっては有りそうですが
ほとんどダメらしいとの事。次ぎ行く予定が遅れるので・・や
ナイショで応じている時に何か問題が起きたら大問題になる・・とか。

 

例えば網戸の張替えなど・・

もちろんそうですし、やはり規定内の、やるべき事に専念するのが
介護関係の対応者としては当たり前ですし大切なケジメかと思います。

 

しかし介護保険を利用の経済的な有利さは別にして
それなりニ妥当な費用なら有償で色々と頼みたいと思われるのも
現実問題として常に有ります。

 

そんな時に雑用関係の対応は巾広く奥深く社会的ニーズとして
後を絶つことは有りませんし、むしろ穴場として常に存在しています。

 

家族内の中でも不自由な事、困り事、などを頼んでも、すんなりと
応じてくれない色々な事情も多く、それを察知して御互いに
頼みもせず、聞きもせずの希薄な関係も多くなります。

 

極端な話になりますが家族同士での頼み事の取り決めは
意外と曖昧で肝心な決め事の話までは至りにくい事が有ります。

 

家族同士なのに費用の取り決め話は他人行儀となり、
タブーになりやすく余計な詮索など誤解やストレスにも成り得ます。

 

いっそ他人に、それなりの費用で頼む方が家族の中でも
御互いにヘタな気遣いや不満を残さない無難な得策にもなります。

 

そんな事情などにより家族、身内以外に誰か?対応してくれる

相性の合う方?など心当たりを探したり

常に想い描いて居られる方が必ずいます。

 

やはり、この分野も詳しく語れば何ページもシリーズ化できるほど

巾広く奥深いパート分野かと思いますので詳細は今回もパスします。
(^_^;)

 

次のページは・・とても頻度の多い雑用系と絡む

掃除仕事などについてです。
お楽しみに。