住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

ゲーム感覚で仕事を楽しむ、ご案内8/12

住いの困り事・修理の解決やリフォーム・(望み事の実現)
に絞り関り範囲を具体的にしたイメージの全体画像です。

f:id:kubataasisuto:20210414141429p:plain

各パートの12コマでパート分野を順に説明しています。

今回は内装関係で特にクロス貼りなどに関する事で
簡単な概略説明となります。

室内の壁や天井または建具の表面など
そして床の関係も含むと広範囲に渡ります。

例えばトイレ内部のクロス貼りの事例ですが

f:id:kubataasisuto:20210414141459j:plain

最初の割り合わせスミ出しなどは最重要であり
全体を網羅したうえで位置や順番を決めます。

天井や床の際付近は基本ノウハウさえ心得ていれば
比較的容易で同じパターンの反復ですが

f:id:kubataasisuto:20210414141530j:plain



窓や入口付近など縦横にカットする場合は
その場所や向きの勝手違いで要領は異なりますが
パターンは、ほぼ決まっており例外は僅かです。

f:id:kubataasisuto:20210414141600j:plain

※ここからは余談です。

むしろ他の業種にも共通して大きな影響を秘めているのが
脚立にのぼり作業する時の脚の向きは
なんでも無いようですが労災事故の必然リスクが有ります。

f:id:kubataasisuto:20210414141645j:plain

何気なく、こんな足元の置き方で、どこが悪い?
自己責任で、やってますし自分の勝手でしょう?
いちいち細かい事を指図しないでくれ!
・・と

事前の想定リスク回避策を余計な事として否定する方が
現実に少なからず居られます。

結論から言えば出来れば下図のような置き方が
無難ですよ!・・

f:id:kubataasisuto:20210414141708j:plain

後は自分の好きなようにやれば?
・・としか、言わなくなります。

何れは自分が身をもって解り後悔する事は見え見えですし
大事件が起こる事を確信している経験者からすると
否定的な捉え方をする者には一切言わなくなります。

こんな事は、むしろ授業料など代償を払ってでも
事前に学ぶことが我が身を活かせる策ではないのか?・・と
言いたいことまで、アホらしくなり言わなくなります。(笑)

これらの内装関係の主な記事を
カテゴリー別から色々と、まとめました。
リンクの参考ページは
ここをクリックして下さい。

この業務も、これ一本に絞って、あらゆるニーズに
対応すれば一生涯を通じて関わる事も可能ですし
すでに専門業者が定着されています。

しかし依頼した先方の都合や色々な好みの違いによって
依頼した側の希望と依頼された側との提供内容が
必ずマッチするとは限りません。

ほとんどは希望に合わせて頂ける提供相手は
ごく少数で大半は先方の都合や好みが主流で
「これで気に入らなければ他の誰かに頼んで下さい」と、
開き直られる事にも、なりかねません。

 

そんな事を回避するには、やはり自分で対処すれば
ここは手間を掛けよう。・・ここはパスしよう。・・と
自分好みに自由に手加減出来る処が多く有ります。

しかし、それなりに活かせるようになるには
最低限の練習が必要で、たいていは最初の1~2回程度の
諸体験レベルの頃に嫌気がさして止めてしまい
やはり・・嫌でもプロに頼むしかないか?・・となります。

依頼された相手も希望に応える為には
「最初から、希望条件を伝えて置いてくれれば出来ましたのに・・」
と、後からは後出しジャンケンのごとく色々と説明は可能です。

実際は・・そんな細かい事は最初から言わなくても解っているのでは?
むしろプロなら着手前から意思の疎通を図り客に問いただし
確認するのが客相手の本当のスタイルではないのか?

などと、ほとんど噛み合いませんし片方が泣き寝入りとなります。

これらが、相応の支払い対価を見込んで依頼してみた側としては
とても不合理で修正交渉も、煩わらしくなりストレスとなります。

やはり自宅を色々な気遣いが不要な練習場所として捉えて
些細なノウハウを体感しバラバラで必要な反復回数で習得し組合わせて
基本ノウハウへ昇華させるのがプロに匹敵する近道、早道かと思います。

このブログは、それを実現化し成果を味わうのを目的としています。
私は、その些細実体験に基づく情報例など支援提供の媒体だけの役割であり
成果を味わうのは、御覧頂いている方で趣味の範囲で有れ
生業として関わるなど目的は別として実行動に挑まれる
方のみかと思います。

※本題に戻ります。

やはり、この分野も詳しく語れば何ページもシリーズ化の
巾広く奥深いパート分野かと思いますので今回も簡単な
概略だけです。

全体の概略説明が終えれば
各種カテゴリー別の参考事例は必要に応じてアップします。

次ぎは女性多能工・職などに関する事です。

これは前々から私が特に希少価値が高い特別な存在であり
未だに現認しておりませんが巷では多少実在し
今後はさらに希少価値へと進む傾向?かと
思うジャンルですのでアップを、お楽しみに。

f:id:kubataasisuto:20210405102751p:plain