住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

自力で対処の実用や業務として価値創り・売りネタ習得への支援提供を御利用下さい!

実用・実益・貢献の流れを創る!2/10-2(応急処置など)

住いの建物自体や周辺廻りの修理・改善を自力で
全体や一部でも関わりたい場合に絞り内容を続けます。

f:id:kubataasisuto:20211102203331p:plain

 

今回は、上図の部分を展開して行きますが

対処案件によって様々で多岐に渡りますが

重要な事は二割程度で色々な事に共通されやすく

ざっくりと大まかに掲げてみたいと思います。

 

例えば・・どこかから水漏れしている場合は

応急処置としての例は水道メーターの元栓を閉めてみる。

f:id:kubataasisuto:20211102203438p:plain

 

それから各所の配管系統にある単独バルブを開閉しながら

特定の場所だけを発見し事後策を検討する。

などです。これを放置し時間が経つと悪影響が拡大します。

 

もし色々調べて、お湯系統だけらしい事が判明したら・・

f:id:kubataasisuto:20211102203538p:plain

 

とりあえず給湯器の給水元バルブだけを閉めれば

トイレなどの水道関係は使用可能で少し助かります。

 

それから自力対処か?

専門業者に依頼するか?落ち着いて考えられます。

 

又は・・玄関先の土間タイルが剥がれかけているなら

f:id:kubataasisuto:20211102203627p:plain

応急処置としての例は剥がれたタイルを踏まれて

割れてしまわないように後の補修の為に

手作業で簡単に剥がれるなら取り去り

保存しておく。・・などです。

f:id:kubataasisuto:20211102203705p:plain

浮いたり剥がれを放置したままで割れて破損すると

一~二枚の剥がれでも広範囲を張替えしないと

色柄や規格サイズが合わず無駄な工費に拡大します。

 

ほとんどに共通する重要な二割ほどを捉えられれば

後は、不思議に、なんとかなるモノです。

 

この重要な二割相当の領域を

さらに二割に絞り実質、全体の僅か4%程度を最初に

なんらかのヒントを得て実行に繋げられるかも知れない

切っ掛けにする事が考えられます。

 

この辺りを独学や支援提供を利用して後は必要に応じて

必要な用具・材料などの準備や基本取り扱いノウハウなど

習得、練習など様々な代償を払う覚悟で習得(種まき)や

維持管理をしながら成育させ、やがて成果が実り

収穫を味わったり御裾分けで貢献となる農場の法則とも言えます。

 

やはりリスク回避策を講じ

クリヤーした時や予想外に上手く行った時の

ギャップに生じる価値観の差は

如何ほどのモノか?

 

このギャップ価値を失うのか?得るのか?

これで興味深いゲーム感覚となります。

 


次のアップを、お楽しみに。

f:id:kubataasisuto:20211102195425p:plain