住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

自力で対処の実用や業務として価値創り・売りネタ習得への支援提供を御利用下さい!

実用・実益・貢献の流れを創る!2/10-3(必要な他者支援など)

住いの建物自体や周辺廻りの修理・改善を自力で
全体や一部でも関わりたい場合に絞り内容を続けます。

f:id:kubataasisuto:20211102200308p:plain

 

再び示す全体図↑こんな感じの一部が↓下図です。

 

 

f:id:kubataasisuto:20211102204734p:plain

今回は、上図の部分を続けます。

対処案件によって様々で多岐に渡りますが

重要な事は、やはり二割程度で色々な事に共通されやすく

ざっくりと大まかに掲げてみたいと思います。

 

例えば・・もしかして自力で対処できるかも知れない。

 

経験や自信は無いが興味は有る!。

どの程度の可能性が有るのか?・・まったく無いのか?。

 

問題事や望み事の概略やヒントが解れば判断しやすいけど・・。

ネット検索で調べると関係した部分的な情報は得られるけども

自分が関わろうとする事を中心にシフトしている訳でもなく

情報をバラバラに集積しても具体的な支援策にはなりにくい。

 

こんな場合はタダの情報では得られない

費用対効果を上回る価値を提供する信条を含む

具体的な支援を、お試し下さい。

 

唯一の特長はムダな労力や資材費、用具費、依頼費用など

出費など各種、大きな代償を払う前に

(自力で対処だったかも?)など色々な情報は役立つかもしれません。

 

関わる事の大小に限らず全体を把握し

順次、実施して行く事になれば

粗筋を立てておくのは有効かと思います。

 

最初の取っ掛かりとしては全体の二割程度を粗筋に

見立てますが本当に全体が、その位置・策で良いのか?

f:id:kubataasisuto:20211102204857p:plain

 

大きな区分や方向性などで見誤っているのではないか?

出来れば遣り始めからや、途中からの軌道修正などの

意思決定に大切なのが二割程度の全体管理の先端に

全体の僅か4%程度を最初や途中でも把握して

次の実行に有効に繋げられる策が必要です。

 

柔軟な判断が可能なアンテナの張り方や

臨機応変な意思決定が必要な場合が多く有ります。

 

それらを活用し目的達成が有効かと思われます。

 

次のアップを、お楽しみに。

f:id:kubataasisuto:20211102195425p:plain