住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

自力で対処の実用や業務として価値創り・売りネタ習得への支援提供を御利用下さい!

実用・実益・貢献の流れを創る!2/10-6(関連事と手順)

住いの建物自体や周辺廻りの修理・改善を自力で
全体や一部でも関わりたい場合に絞り内容を続けます。

f:id:kubataasisuto:20211102200308p:plain

 

再び示す全体図↑こんな感じですが

次の一部が↓下図です。

f:id:kubataasisuto:20211102212035p:plain

必要な物として用具・工具や

各種、材料や商品は具体的ですが

目的達成の手段や内容が妥当なら

問題無いです。

 

しかし課題内容の選択や

別な観点から見た方向性が

異なるなら各種必要物の調達や

準備はムダになったり徒労に終わります。

 

例えば・・見た目に不快感が有る天井の

剥がれや劣化などを直す目的で仕上げ表面を

張替え修理、模様替えで見た目に奇麗でも

失敗の恐れを含む場合が有り得ます。

f:id:kubataasisuto:20211102212853p:plain

下からは見えない下地や屋根の構造材

の重大問題やそれらの起因は下からは見えない

屋根の雨漏り原因ならば見立て不足となります。

 

例えば腰壁のビニールクロスが

剝がれかかっている場合は

単なる接着剤の劣化で浮いたり剥がれるのか?

f:id:kubataasisuto:20211102212809p:plain

 

窓の締め忘れで雨が吹き込んだのか?

冬場の暖房時にガラスの内側に結露で

壁が湿り剥がれたのか?

 

いずれにしても原因は突き止めた方が

剥がれる状況が一過性か?

今後、もっと酷くなるのが続くのか?

根本原因は掴んだ方が良いです。

 

問題事の対処には目の前にある部分だけの

対処や解決だけで済む場合が大半です。

 

しかし稀に予想外の所に重大な問題が

潜んでいる事が有ります。

 

それらを推測するのに視野を広げたり

俯瞰したイメージも含めて問題の本質を探ります。

f:id:kubataasisuto:20211102212627p:plain

 

最初の取っ掛かりとしては全体の二割に相当する

監理対応すれば全体をコントロールし易くなります。

 

更に、そのうちの一部として先っぽに当たる

二割程度の概略領域をヒントとして

全体の僅か4%程度を最初に把握して

次の実行に繋げられ易いので

具体的な切っ掛けにする事が有効です。

 

次のアップを、お楽しみに。

f:id:kubataasisuto:20211102195425p:plain