住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

自力で対処の実用や業務として価値創り・売りネタ習得への支援提供を御利用下さい!

エコキュートで古いヒートポンプの傾き修正は注意!

久しぶりに具体的な施工事例をアップします。

 

近年は給湯器には電力系のエコキュートが

燃費の有利さも有りかなり普及してきました。

 

しかし設置してから10年ほど経過している

古いヒートポンプの室外機を傾き直しや

僅かな位置のズラシなどで配管が多少でも動くような

修正は注意が必要です。

 

例えば大きな貯湯タンク本体はこんな感じで

お湯系統の配管に何かあったり室内の

混合水栓交換などにはバルブを閉めて

作業をします。

f:id:kubataasisuto:20211102203538p:plain

上図で赤と青の配管が見えますが

これは室外機のヒートポンプに接続の

行き帰りで冷めたお湯を熱くして戻し熱交換する

配管です。

 

その先にあるのがヒートポンプ室外機で

こんな感じで外部に置かれています。

f:id:kubataasisuto:20211102214655j:plain

設置してから10年ほど経つと地盤の変化や

外部の力で動き傾いたりもします。

 

それを水平に直そうとしたい気持ちは誰しも起こります

エアコンの室外機も同じ感覚になりがちです。

 

しかしヒートポンプの場合で古いタイプは

配管素材の事情が異なります。

 

例えば、この事例のように接続フタを外し

詳しく見ると古いので保温カバーが

傷んで中の樹脂管が見えていますが・・

現在は使用に問題無く生きています。

f:id:kubataasisuto:20211102214742j:plain



 

そこで傾きを直したり少し配管を遊びが有り

破れた古い保温カバーを取り去り新しいカバーを

被せようと安易に思い手を付けて

問題はなさそうな僅か2〜3㎝位置を動かそうと

しますと・・このように⇩なります!

f:id:kubataasisuto:20211102214827j:plain

 

ポキッ・・と破断し、お湯が噴き出し室内の浴室、洗面、台所の

お湯は使用できなくなります。

 

実は・・こうなる事を想定した手順で改造工事をした後の

現物を後で手で曲げてみて予測通り簡単にポキッと折れるのか?

と試したテスト、確認です。

 

どの程度の曲げ加減か?は具体的な例えでは

色合いや太さがちょうど同じくらいな

ローソクを手で折った強さ加減と感触です。

 

 

こんなリスクを知らずに配管を動かしたり転んだ本体を触り

配管に外力が加われば、このように簡単に折れるのです。

 

この設置場所が東向きで

保温カバーが劣化してボロボロに破損した部分は

太陽光の紫外線の影響を受け続けた結果です。

 

架橋ポリエチレン管は、そう簡単に

折れる素材では有りませんでしたが

紫外線による劣化で脆くなり劣化します。

 

このような対策は紫外線を受ける現場環境の配管には

太陽光を除ける小さなベニヤ板一枚でも置けば

こんな事にはなりにくいのです。

 

これらの現実からは保温カバーが劣化していれば

中の樹脂パイプも危険状態と言えます。

 

最近では中に軽金属の管が有り二重のタイプが

主流なので簡単には破断しにくいです。

f:id:kubataasisuto:20211102214910j:plain

 

それでも無理に曲げたりすると潰れやすいので注意。

 

ちなみに、このように劣化した配管の破損を期に

まだ使える貯湯側のタンクやヒートポンプを

取替え時期だとして交換する口実にし、すべて

新品交換で何十万の大きな工事金額に妥協する事も

取替え年数に近ければ、なおさら有ります。

 

実際は配管の破損部分を取替えだけで

後は、まだ使える可能性もかなり残っている

場合も多く有ると言えます。

・・が、絶対とは言えません(^_^;)

 

以上が久々に具体的な事例でした。

f:id:kubataasisuto:20211102195425p:plain