住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

自力で対処の実用や業務として価値創り・売りネタ習得への支援提供を御利用下さい!

屋根の雨漏り対策4/4(既存瓦の葺き戻し改善)

雨漏りの簡易対策の本番事例ですが

細かい手順はパスして簡単に掲げます。

 

実際の実施に関して具体的な支援を御希望の方には

近々、ご案内させて頂きます支援申込サイトから

御予約して頂ければ実用・実益に向けた内容を

提供させて頂きます。


まずは既存瓦を剥がして古い野地板の上に

合板下地を釘打ちやビス止めなどで重ね張りをします。

f:id:kubataasisuto:20211122112205j:plain

この時の注意点は、もちろん不用意な屋根上での

体重の掛け方で転落や屋根瓦や野地板の下地材ごと

屋根の踏み抜き落ちや軒先のタルキ折れなどで

大事故のリスク回避は言うまでも有りません。

 

作業手順は当然としても、どの程度の範囲ごとに

手を付けるか?です。

 

強風時には古い劣化した防水紙やゴミが近隣に飛散し

迷惑をかける天候なら即座にゴミ類を袋詰めしながら

どのように飛散防止に配慮するか?は大切です。

 

一気に瓦を剥がさずに合板一枚ずつの範囲だけ

剥がしては納めての繰り返しが無難なのか?

 

色々な事情により途中で中断の場合は

その方が安全な施工ペースとなります。

 

今回は、そんな部分的な繰り返し工程でしたが

これは対応人数次第で異なります。

 

合板厚みは新規瓦に葺き替えなら通常は12㎜程度の

構造合板を用いますが今回は4㎜合板の薄物。

 

理由は長年の耐久性や新規瓦の可能性が無い為で

防水目的のゴムアスルーフィングシートが

古い野地板の上に残るゴミや突起物で破れたり

しない為の目的です。

 

又は古い野地板の隙間や継ぎ目の影響で屋根瓦の上を

歩くと防水シートが断裂しやすくなるのを避ける

下敷き下地としての重ね張りが目的です。

 

合板を、どの位置で釘止めやビス止めするのか?

切断方法や張る方向や重ね代は必要か?否か?。

 

軒先廻りの段差は、どうする?など

細かい事は有りますが今回はパスします。(^_^;)

 

地瓦の葺き戻しは瓦割の横幅による位置決めや

流れ方向でも瓦割寸法での端の位置が納まるか?

否か?を把握するのが重要な判断となります。

 

単に剥がして単に成り行きで並べ直しても

切断が必要だったり寸法が届かず端まで

行かず足らなかったりなど・・

 

無理やり切断して納めていた部分を

違う場所で並べてしまったりでは

上手く納まるとは限らないのです。

 

地瓦は最初から無理気味の納まりも有り

予測外の事も有りましたが葺き戻しは完了。

 

問題は棟付近の納まりですが

大面やノシ瓦は再利用とシリコンコーキングの接着や

欠けの補修は継ぎ合わせで問題なく実施。

 

古い銅線も劣化していたのでステン線に取り換えて

縛り付け固定で、なんなく積み並べで納まりました。

f:id:kubataasisuto:20211122112301j:plain

大問題だった再利用不能となった両端に必要な

破損した巴瓦の代用策ですが小波スレートの棟部材で

薄型の棟トモエ部材を切断加工して用いました。

f:id:kubataasisuto:20211122112334j:plain

f:id:kubataasisuto:20211118151912p:plain

[雨漏り類神]

厚型スレート瓦の部材とは全く違うけど・・

製造中止だし、しかたないね。

 

棟の巴は屋根に一組しかなく地瓦の枚数とは違い

古い中古瓦としても入手は困難。

 

むしろ、これなら軽量だから落下時の危険性は少ないし!

それでも種別違いだから邪道の域だけど、まっ・・いいか!

 

施工結果の感想としては地瓦の止め方は

ステン釘の打ち込みを通例として用いましたが

キリで下穴を空けていないと合板の厚みが薄いので

古く固くなった野地板の反発で立ち込みにくい難点が有り

ビス止めの方が容易でしたが部分的な差し替えが必要な時は

釘の方が抜きやすいので、しかたなく釘打ちを実施。

f:id:kubataasisuto:20211118151912p:plain

[雨漏り類神]

・・しかし・・

長年持たす必要も無く簡易処置だったのなら

容易なビス止めが良かったのではないか?

 

その通りで下穴を空けて打ち込んでも入りきらず

叩き込みで瓦が割れても不思議でない事も度々。

 

次からは細メの小頭ビスで試すつもりなので

今回は実態試しとしては良い体験となりました。

f:id:kubataasisuto:20211118151912p:plain

[雨漏り類神]

そうだね。

何事も机上の推測や判断では現実的な体感は得られない。

やはりインプットだけでは無く、やってみる

アウトプットから材料や道具が明確な反応として

答えてくれる事が多いよね!

 

やはり何事も、やってみないと実態での

体感となる腹落ち体験は得られないことが

近年でもまざまざと教えれるので

興味深い事が続き、なぜか?辞められないのです。

f:id:kubataasisuto:20211118151912p:plain

[雨漏り類神]

それは・・フロー状態で嵌ってしまう事!。

雇用形態での関りなら・・そんな余裕の立場は少ない。

そんな環境で関わりたいなんてのは

「自分の請負仕事だけでやってくれ!」

・・って雇い主には言われるよ。

 

これで屋根瓦は既存物の再利用で破損部分は

代替部材の調達のみとして

合板下地の重ね張りにゴムアスルーフィングの

敷き込みで防水機能を改善する内容で完了しました。

 

 

古い建物や屋根瓦は多く存在し

こんな条件での対応は、まだまだ必要な事が続きそうですので

参考になれば幸いです!

(^_^;)

 

これで、屋根瓦の防水下地の改善 物語は幕!です。

 

 

次のアップは[ネズミ対策での暫定策事例]を、お楽しみに。

f:id:kubataasisuto:20211102195425p:plain