住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

自力で対処の実用や業務として価値創り・売りネタ習得への支援提供を御利用下さい!

ネズミ対策での暫定策事例1/3(屋根の隙間調べ)

今回は害虫駆除に関する困り事の対処となります。

 

二階の和室天井裏に何か?生物が動き回る音で

とても寝られないとの御相談から始まりました。

 

二階の屋根に何処か?隙間が有り

そこから鳥やイタチなど小動物が侵入か?

などの不安が有ります。

 

外から目視すると棟違い納まりが確認できたので

屋根の上に登り色々と調べました。

 

やはり納まりの不具合が起きやすい

棟違いが有りますので詳しく調べます。

f:id:kubataasisuto:20211123213450j:plain

この屋根は防災瓦で近年に吹き替えたらしく

納まりはピタッと塞がれています。

 

他の現場で古い瓦に見られる光景が下図です。

 

棟、付近や他の瓦を剥がす時の様子です。

f:id:kubataasisuto:20211123213524j:plain

特に棟の端の方になると・・↓

f:id:kubataasisuto:20211123213608j:plain

鳥が草木を運んで作った↑巣跡が時々あります。

中を調べると↓出ました!。

時期によりますが、こんな事も有り

巣立ちの跡は空っぽの事もあります。

 

これらを狙いに蛇やイタチやテン、ハクビシンなど、

小動物が屋根から天井裏にも侵入し、ついでに

ネズミなどを追い回す事が、まれに有ります。

 

今回は、そんなに大きな穴では無いですが

屋根勾配の関係で塞ぎにくい三角の空間が

残るのは有り得る事で↓下図が、その事例です。

f:id:kubataasisuto:20211123213701j:plain

大きさ比較の為にボールペンを差しました。

f:id:kubataasisuto:20211123213731j:plain

 

もっと具体的に示した大人の指二本です。

この程度の隙間なら蛇やネズミ程度は楽に出入りが可能。

f:id:kubataasisuto:20211123213807j:plain

しかしテンやイタチまたはハクビシンなどの

出入り口としては狭過ぎます。

 

そんな小動物が、もっと楽に出入りしそうな

空間、穴が存在しそうなのが次の場所。

 

もっと大きな空間になる可能性が高い最上部の

奥は、むりやりモルタルを詰め込み、盛り上げて

やりにくい位置ですが↓塞いだ苦労の跡が伺えます。

f:id:kubataasisuto:20211123213841j:plain

しかし、これらの押し込んだだけの埋め込みなら

固定が甘いと塊が外れてポッカリと大穴が空く可能性も

有りますので簡単に外れない工夫が必要です。

 

 

以上の理由で

屋根から天井裏への生物が出入りして

騒いでいるのは・・無いとは言えませんが

別な場所からネズミの仕業として予測しました。

 

こんな隙間、穴も徹底的に塞ぐ事も可能ですが

生物が出入りする事が無ければ

屋根裏の換気の為には、ある意味必要な場合もあります。

 

この後は室内側からネズミの出入り口を

調べる事に移ります。

 

 

その後の展開では二転三転しましたので

似たような事には参考になるかも知れません。

 

ちなみに、このような対応をする場合の

必要具・工程、手順・依頼した場合の概略見積り額

など簡単な支援例を参考程度でアップの予定です。

 

近々、具体的な支援を御希望の方には

支援申込サイトを御知らせしますので

必要な方は自力対処への支援予約をして頂ければ

実用・実益が可能になるかも知れません。

 

https/表示で別なサイトを用意しています。

🔓鍵マーク付きで安全表示のページにリンクで切り替わります。

(お楽しみに)

 

これで、屋根の隙間調べ 物語は幕!です。

 

 

次のアップは[ネズミ対策での暫定策事例2/3(室内の隙間調べ)]を、お楽しみに。

f:id:kubataasisuto:20211102195425p:plain